宇宙全史

非公開情報権利希望

2017/11/20 No.3505

いつもお世話になっております。
はじめまして、ころしろと申します。

非公開情報の権利取得を希望します。

ーーーこの部分個人情報カットーーー


いつも掲示板をチェックさせていただいております。
この宇宙全史の掲示板には昔、まんだらけの売買情報などを見るために訪れた事があるのですが、その時は宇宙全史の事も知らず、ここはまんだらけの関係者さんの交流掲示板なのかなと思ってそっと後にしました。

それから何年か経て、回りまわって、改めて宇宙全史の情報に行きつき、ここが宇宙全史を知った人々の掲示板なのだと知って、なんだかとても不思議な気持ちになったのを覚えています。

宇宙全史を理解できたか、世界平和の祈りをきちんとできているかと聞かれると自信がないのですが、祈りの存在を知った時には『私の悩み苦しみが無くなりますように』の部分でつっかかったり言い間違えそうになったりする事があったのですが、今はつっかることなく祈れるようになり、そのおかげか前よりずっと気分が落ち込む事も減り、穏やかな気分でいられる日が多くなったような気がします。

宇宙全史関係の他にも、何冊かの五井先生の本を読ませていただきました。先生の書かれた文面から流れる水の様な穏やかさを感じ、日本家屋や緑の自然がきれいに浮かびました。とても穏やかで、ひと肌のぬくもりまで感じられるような温かさがありました。


二十年後の本が出た頃にはこの掲示板に行きついていたのですが、なかなか非公開情報を取得したいと申請する勇気もなく、株を買った事もなかったので見送ってきたのですが、今回前々から株をやっていた母が流れるように非公開情報が出るのに合わせるように、まんだらけの株式を購入するという機会に恵まれ、無事購入できたので、駄目なら駄目でも一度思い切って申請してみようと思い、申請してみました。

お忙しい所だとは思いますが、どうか審査の程宜しくお願いします。

2017・11・20
ころしろ様

「保留」というお答えです。

今年後半に入ってほとんど許可が出ていません。

前にも書きましたが様々な要因があると思いますが、お祈りと共に日々精進なさってお待ちください。

いつか許可が出る時が来るかもしれません(お約束は出来ないのですが)


虚空蔵55

シャギー

2017/11/20 No.3504

虚空蔵さま、みわさま。

以前、善悪について色々お話しがありました。
私には、その理解が浅く既存の価値観からしか考えられませんでしたが、今朝、ラジオで聞いたマザーテレサの言葉が、何か違和感があり、その中で語られた善行から。

善とは、自分の考えや価値観の他に認めてもらいたいと思う、ただの認証欲求みたいな感じを受けました。
ですから、悪は、他からの認識ではなく、自分の考えや価値観を通して、他を受け入れない、理解しない、自分への認証欲求なんだと思います。

これで、善悪が同じもので、ただベクトルの違いだと納得しました。
だから今、目の前に起きている事をただ行う事が大事なんだと思います。
善悪がただの認証欲求だとすれば、善悪を声高らかに叫ぶ宗教はなんか虚しいですね。

非公開情報11楽しみにしています。
私の理解力が高まる事を願っています。
エゴの本楽しみにしています。
何時もありがとうございます。

2017・11・15

satsuki

2017/11/20 No.3503

虚空蔵55様、みわ様いつもありがとうございます。

左記の虚空蔵55様の書き込みには大変勇気づけられました。

両親と距離を置いて生活できる今この時をしっかりと活かして、自立の段階を一歩また一歩と歩んでいこうと思っています。

やっと漠然ながら自分の想いで生きていいということが薄々と感じられてきたように思います。

時々むしゃくしゃした想いを五井先生の御写真に向かってぶちまけるときがあります。本当はこうなんです、ああなんです、と。そして出来る限りお祈りします。

生真面目なあり方もやはり業であるのだなと思いました。自分を裸にして生活できないのも業なのだなと思います。

祈って、いろいろあがいて、ちょっと落ち着いて、またあがいて、といった繰り返しですが、自然と触れ合う自分のあり方にちょっとずつ深みが感じられるような気がします。

今まで避けてきた人との関係、心のあり方などが沢山あり、蓋をしてきた自分の内面と向き合っていく作業などがあります。

本当に自分は心を閉ざしきって生きてきたのだなと思います。

自分で自分のことができることは嬉しいことです。
炊事、洗濯、掃除などが自分でできることは本当にありがたいことです。めんどくさくなることもありますが、それでも良いです。

五井先生の「人間と真実の生き方」、感謝できる自分を目指して生きるといった根本があります。

こころが、魂が帰るところがあります。

業想念で罵り狂う時がありますが、それでも祈りが本当の帰る場所なのだと思うのですが、毎日の私は恥ずかしい限りの自分です。

ここでの書き込みにあります、

無理をせず、
全力を尽くし、
祈りを忘れず、
感謝を忘れず、
いつも自分を見つめ、
焦らず、たゆまず、
できることを、やるだけ…


左記に書き込まれたばかりの、

あせらずくさらず

たゆまぬ一歩を踏み出す

その姿を五井先生が見逃すことは決してないのです

というお言葉を日々の糧にし、こらえ性のない自分をお祈りに乗せ生きていきます。

世界人類が平和でありますように


2017・11・14

Kazu

2017/11/20 No.3502

虚空蔵55様、みわ様、
非公開情報11を楽しみにしています。
幼稚園から大学院、博士課程までの解説ありがとうございました。
今年富士山等の山に登っていた時に感じたこととよく似ていると思いました。山に登り始めたばかりでは頂上はまったく見えず霧のため見えるのは数歩先、しかも息苦しいということがありました。その際考えたのは、あきらめず、数歩先は見えるのだから、正しい道につながっているのだから一歩一歩進もうということでした。我慢して進んでいると晴れ、明るくなり、頂上に到達できました。地味ですが正しい一歩一歩が、大事だということを学びました。これしかできることはないように思います。

2017・11・14

港山淡水

2017/11/20 No.3501

虚空蔵55様、みわ様、五井先生、月読之大神様

ご回答してくださり、ありがとうございました。

参考に致します。

非公開情報11が送付されるのを楽しみにしています。

2017・11・14

明るく

2017/11/17 No.3500

SO&SOさま、

非公開情報11購入希望、先ほど再度メールいたしましたので、確認方よろしくお願いいたします。

11/17 8:38
明るく楽しく元気よく


明るく様

あなたの場合はこのメールのように「明るく」だけで非公開情報希望のメールが来ていました。

住所も株式番号も、正確なハンドルネームも、電話番号もメルアドもなく、確認のしようがなかったので「不正メール」として処理されています。

次回からは放置されますのでご注意ください


虚空蔵55


TAKASHI

2017/11/17 No.3499

確定メール確認しました。お騒がせして申しわけありませんでした。
一つ確認があるのですが私の名前が権利者名簿で見つかりませんでしたとありますが、権利者でなくなったという事でしょうか?
2016/9/28 No.3055
のTAKASHIです

2017・11・17

TAKASHI様

あなたからの連絡は「TAKASI」名で来ていましたので確認できませんでした。

TAKASIのハンドルネームでの名簿登録はありません。

不安ならば問い合わせの時は本名を書くか、間違えないハンドルネームを使用してください


虚空蔵55

港山淡水

2017/11/13 No.3498

虚空蔵55様、みわ様、五井先生、月読之大神様

いつもありがとうございます。

非公開情報11の発行を楽しみにしています。

最近、人間の精神レベルを小学生、中学生、高校生、大学生に例える

書き込みを目にしますが、中学2年生、中学3年生、

高校1年生、高校2年生、高校3年生、大学1年生とは、それぞれ具体的に

どの様な精神レベルなのでしょうか?

よろしければ、ご回答よろしくお願い致します。

2017・11・9
港山様

ちょっと言葉足らずでしたね

左に簡単に書いておきます

ご参考になさって下さい



虚空蔵55


RIE

2017/11/13 No.3497

虚空蔵55さま みわさま


こんばんは。
本日、非公開情報11の申し込み開始とありましたので、早速申し込みさせて頂きました。タイムリーにも北玄関さまの回答の、虚空蔵55さまが書かれていたメッセージに、しばし感慨深いもの感じ、投稿させて頂こうと思います。



>現状多くの方が陰始勢に引き込まれていくのを目の当たりにしています。
>それは仲間であったり友人、恋人であったり、家族であったりもします。
>例えば会社勤めしていても、家族が病に倒れ、親が身動きできなくなり会社を>辞めて介護に専念しなければならなくなり、好きな仕事を辞め、近場の夜勤バ>イトに変更せざるを得なくなるというようなことが起きています。



このような例は、私も仕事柄、頻繁に相談を受けます。更には長く、そのような環境の中で不自由な現状を強いられてる、ご縁の方もいる訳です。「子は親の面倒をみるのが当たりまえ」という。これまでの家系の存続を重視した、親と子供の依存関係を生み出す、社会通念。これも長い年月をかけ、人々に浸透させた陰始の作り上げた仕組みだったか!と驚きと共に、改めて自覚したのです。



先日も、40代の女性の相談者のお父様が、83歳まで現役で仕事をされていたのですが、急逝し、悲しみにくれる間もなく、多額の負債があることが発覚。寝耳に水のような状況で、ご自分の進む道も見え邁進していた矢先なのに、年老いたお母様の介護や多額の負債の重荷、いろいろなことが重なり、毎日毎日不安で眠れない…と言われていました。



他にも、親も病気、介護する側の子供も病気…といった状況に遭遇している方、
アルツハイマーの母親を施設に入れず、仕事をやめて家で介護に追われるうちに、ど貧乏になった…とか、ご主人が若くして亡くなり、介護の必要な義理の両親を、40代のお嫁さんが面倒を見なければいけない状況とか…



現代社会は、こういった「家系の縛り」「儒教精神の残滓」ともいうべき陰始の思考が深く浸透している故でしょうか…女性でも子育てが一息つき人生経験もスキルも油が乗ってきた40代50代のタイミングで、人生を阻まれてしまう状況の方々も、本当に多いと感じます。



因果律という視点から見れば、そうなる因があったのだとは思いますが、更に今の社会の暗黙の同調圧力の中で、考える力を失い、エネルギーを奪われ、取り込まれているように思います。



昔…、冗談でしょ!と一笑に付されたセミナーのネタに…本来、親と子の関係は、子供が16歳になるまでは、雨水をしのげて、飢え死にしないように、きちんと育てあげれば、それ以降は、子供は親の元を離れ、自ら生きる力をつけ、二度と親の元には帰らないこと…親も子が離れたら、また、ひとりの人間として、自らの天命を全うする為に生きる…それが、宇宙自然から応援される正常な生き方らしい…と、話していたら、皆100%「あり得ない!」という反応をされました(笑)



もちろん、現代社会で、そんなことをしたら親の責任放棄になるのですが、自然界では、成人になっても、いつまでも、親にくっついて生きて、親も、子供が面倒を見てくれることを望むのは、人間だけなんだよな…と時々思うのです。



現状の悩まれている方に、不可能な概念だけを言っていても仕方ないので、自らの状況を必要以上に卑下することなく、人生の因果律という視点を学び、因縁因果を転換するチャンスと受け止め、祈り、気づき、認識や選択、行動を変えていくことで、魂の繰り返しのパターンから進化できる「機会」が今ですよと、励ますのですが…



>その大元は「肉の身がすべて」→「身体を守る」→「家族を守る」→「家系を守る」という連鎖から来ています



この連鎖の図式、本当にここが元凶だと思います。今、どこにでも起こりうる、家族で互いの人生を食い合い、共に沈んでいくという事象すべてが、陰始にとっての都合の良い社会構造の「結実」であるといえるのなら…



私は、本当に思うのです(日頃からですが^^)この認識を変えていく力を持つのは、政治家でも、企業家でもなく、学者でもなく、母親ではないかと。母親と女性がこれからは賢くならないといけな時代ではないかと。もちろん、男性もなのですが、女性はそれ以上に。



これまでの時代の家系の縛りのままに生き、収奪社会の仕組みに目覚めることもなく、魂の進化もなければ、その子供も陰始の作った社会に染められていく、もし、目覚めた子供が生まれても、これまでの社会に迎合しないと、奇人変人扱いされ、その芽をもぎ取られてしまう。



母親や女性の多くが、陰始の創り上げた価値感に踊らされていることに早く気づき、これまでとは違う時代が訪れることを理解し、家系や旦那に全面的に依存しない、先見の明と行動力を持つ母親や女性が増えていけば、20年後の世界は、親子で依存し共喰いして落ちていくような世界からは解放されていくのではないかと、思わなくもないのです。



目覚めた母親に育てられ、古き観念に影響されない子供が、陰始が創り上げた社会通念とは別な、もっと生きやすい社会のステムや通念、新しい時代の価値感やシステムを作り上げてくれるかもしれない…。



「誰が地球に残るのか…」を読ませて頂いた時も強く感じたのですが、この時代の母親の在り方は本当に大事だと。母親の感情や思想の影響が色濃く子供に引き継がれていくこと、それが良いも悪いも代々家系の連鎖を生み、未来の地球の社会通念になっていく…



私自身も含めてのことですが、今を生きる女性は、視野を広げ、俯瞰度を上げ、素直に学び、純粋に行動することで、目覚めて、根源のエネルギーと同調できる位に、賢くならないといけないのではないか…。私のご縁の8割は女性です。(最近は男性も増えましたが…)それゆえか、ここに来て一段と増えてきた感がある、親子の負の状況と、それをどうしたらよいのか…感慨深くなり思わず感じているままに書き込ませて頂きました。


非公開情報11届くのを楽しみにしています。

2017・11・12

北玄関

2017/11/13 No.3496

有難う御座いました。
何度も何度も大切に読み返して、
まずはお祈りを続けさせて頂きます。

残された人たちの思いに囚われているように感じていましたが、そうか、自分の思いなのか、、、と改めて納得しました。
このようにわかりやすいたとえ話をしていただけることも含め、なかなか自分では考え至らないところの事を教えていただいて、私は幸せ者です。
これからのなすべきことがわかったことで、自分の歩く先にやっと希望が持てました。
まだまだ退会を渋る方々も多く道は険しそうですが、心を決めてあとを濁さず進んでみます。
本当に本当に有難う御座いました。

2017・11・10