宇宙全史 質疑応答6 12月初旬 発売予定
宇宙全史関連の書籍はこのページからの通販でも、全国の有名書店でもお買い求めになれますが、大阪の心斎橋・アメリカ村のまんだらけグランドカオスか、東京は中野のブロードウェイ4Fにあります「海馬」という精神世界専門のお店でも常時置いてありますのでお買い求めになれます。
2020年オリンピックはない?
中野店にて精神世界店舗人材募集
広大な精神世界の探求者・求道者に向いています。 あらゆるジャンルの精神世界古書を扱うまんだらけの新たなプロジェクト発動です。 このチャンスをあなたのものに!

回答・メッセージ

SO&SO

2018/11/19 No.398

皆さま
この度は非公開情報ご購入のお問い合わせ頂きまして、ありがとうございます。

1つお願いがございます。非公開情報をご希望の方は
宇宙全史に関する質問、ご意見のフォームではなく、
「非公開情報」ページの「すでに非公開情報の権利を取得済みで非公開情報をご希望の方」フォームから
必要事項を記入してお申し込み下さい。

すでにお申し込み頂いてる方は、そのままで構いませんので、
これから申し込みされる方は、上記のフォームからお願い致します。

SO&SO

海さま

メールでご連絡差し上げましたが、アドレスが違うようでエラーで返ってきてしまいました。
正しいメールアドレスを送って頂けないでしょうか。
よろしくお願い致します。

SO&SO

2018/11/18 No.397

いくと様

非公開情報はある時期からすべてのレベルの方が購入可能になっております。
お伝えするのを忘れておりました。
大変申し訳ございません。

現在は非公開情報権利者の方はお申し込みになれば、どなたでもどの巻も購入できるようになっております。
おそらく前任者からの引継ぎで漏れたものと思われます。

改めまして非公開情報のお申し込みをして頂けますでしょうか?
お手数をおかけしてしまい恐れ入りますが
何卒よろしくお願い致します。

SO&SO

SO&SO

2018/11/15 No.396

camsiaさま
この度はお問い合わせ頂きまして、ありがとうございます。

非公開情報に関しまして、
非公開情報ページにも記載しておりますが、
「株式を取得する=非公開情報権利を取得する」ではございません。

camsiaさまは、昨日(11/14)に株を取得したばかりですので、
非公開権利の取得には至っておりません:すぐに非公開情報を購入する事はできません。

現在、諸事情により新規の非公開権利取得はクローズしている状態ですので
希望がある場合は、宇宙全史掲示板ページの右列上段にあります「質問・ご意見」のフォームか封書にて
非公開情報権利の取得をご希望される旨をご連絡頂いております。
その後、許可が降りるかどうかは、お待ち頂かなくてはなりません。

宇宙全史ページ内の注意事項・ルールについて、よく読まれてからご連絡下さいますよう、よろしくお願い致します。

SO&SO

宇宙全史に関する質問、ご意見

名前
質問内容

2018/11/18 No.3676

虚空蔵55さま みわさま

いつもありがとうございます。
質疑応答5もじっくり読ませて頂きました。

「私たちは『今・現在・ここ・この状況』という立場を守護霊様から授かっているのです。それがあなた方の最善の立場なのです」とのこと、ありがとうございます。

過去のBBS情報も、私がコピー出来たものだけですが、ざっと読み返しました。
疑問に感じていたことなど、既に回答していただいている箇所を見つけることができ、良かったです。

BBSには「覚悟」という言葉がよくでてきますね。
「覚悟を養うのに必要な条件が『常に死を見つめる』ということ」(質疑応答3)
私も今生の最大の課題は「覚悟」と思っています。

質疑応答6以降も楽しみにしています。よろしくお願いします。

2018・11・18

AQUA

2018/11/18 No.3675

虚空蔵55様、みわ様

ご指導ありがとうございます。

日々のお祈りを続けていき、最近やっと少しづつ自分の感情やエゴを俯瞰できるようになって来ました。

自分の感情が動く時、ほぼ無意識にお祈りと共にそれを眺めていると。もう一人の自分が何やら一生懸命あがいているのですが、私がもうそれに興味がないので外から見ると色々言っているけど、私自身はどうでも良いんじゃないの?
と言う状態です。

又、これも最近気づいたのですが、普段の生活や瞑想をしている時に自分の心の声がほとんど聞こえなくなり、無音の状態になっている事に大変驚き、多分違うでしょうけど、これが”無”だったら良いなとこれを続けています。

そうしたら先日瞑想をしていたら、左上からまた白い光が眩しいくらい私に光ってきたのですが、これは守護霊様からのメッセージなのでしょうか。

何度かあったのですが、鈍い私には眩しい位しか感想を持つことしか出来ませんが、少しづつでも進んでいるなら幸せです。
       ありがとうございます。


2018・11・16

AQUA様

「左上からまた白い光が眩しいくらい私に光ってきたのですが、これは守護霊様からのメッセージなのでしょう」

●まさしくそれが「白光の守護霊団の光」です。

守護霊さんもそれに引かれて一緒です。

よかったですね


虚空蔵55

(この後RIEさん、どっぺんさん、伊藤さんへの返信があります。それを参考に精進なさって下さい)

伊藤滋隆

2018/11/18 No.3674

虚空蔵55様

大変なご多忙のときに私の投稿を掲載していただき、ありがとうございます。
私としては、詳しい回答をお願いしたいところではありますが、宇宙が与えてくれるエネルギー次第とのことですので、祈りと共に静かに結果を待ちたいと思います。

些細なことかも知れませんが、質疑応答5の内容に関しまして、一点気になることがありましたので申し上げておきたいと思います。
P314とP315にまたがって掲載されている囲みの投稿(2017/9/10の分)は、伊藤滋隆の投稿したものではなく、いくと様の投稿(右No.3459)ですよね?
改訂版が出るときは、修正していただけると誤解を防げるかと思います。
よろしくお願いします。

2018・11・14

伊藤様

有難うございました。

再販からは修正いたします。
助かりました。
また何か気づかれましたらよろしくお願い致します。


虚空蔵55



いくと

2018/11/18 No.3673

虚空蔵55様、みわ様

【非公開情報取得権利のCグループへの移行審査のお願い】

この度は、未だ読むことができていない非公開情報を読みたいがため、Cグループへの移行に挑戦させていただきたく書き込みさせていただいております。私は現在、Dグループです。

書き込みのきっかけは、私の場合はやはり夢でした。(お告げの類ではございません)

私は現実で接した人の思念を夢で受けとってしまうこともあり、今回はそのようなパターンでした。

夢で判ったのは、その接触した(業務上対応した)方は有象無象(悪くなると魑魅魍魎とも言えるかもしれません)と繋がっているらしいということでした。

目を覚ましてからは、祈りとともに心を落ち着かせて、これも学びの糧として捉え直して思いを巡らせました。

そこで思ったのは、どうせ繋がるのなら、有象無象の類ではなくて自己の本体と繋がった方がいいのではないか?ということでした。

それは究極的な出来事だと思われますし、簡単に口にするようなことではないでしょうが、少なくともそういう方向性を自ら選び持ち続けるという心がけは、その人次第ではないかと思われました。

自分を知る上では、集合魂について知ることも大事かと思われます。非公開情報6の目次を拝見しますと「不可思議な存在・魔道師」という項があり、「特異な遊撃手」という項があります。

私の探求の方向性は、まだまだ、まだまだ、まだまだ、まだまだ漠然としたものです。ただ願わくば、先陣を切って探求をされている虚空蔵55様の、探求の姿勢に学ばさせていただきたく存じます(こう思うこともおこがましいとは思うのですが…)。そのために、まずは未読の非公開情報に挑戦したいと思いました。

審査のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

2018・11・16
いくと様

非公開情報の件は左にSO&SOからお知らせがあります。


「Cグループへの移行に挑戦させていただきたく書き込みさせていただいております。私は現在、Dグループです」

●許可が下りています。

「Bグループ」への変更になっています。

よろしくお願いします。



虚空蔵55

11月の3人

2018/11/14 No.3672

@どっぺん 2018・11・11
虚空蔵55様 みわ様
日々の深遠なるご指導真に有り難うございます。
今朝の瞑想を今終えたところですが、自分にとっては大きな変容が生じました。
いつも、柔らかいお祈りと世界平和の祈り、月読之大神の祈り、虚空蔵55様 みわ様 宇宙全史への感謝、月読之大神と五井先生のタッグ光線をおろしていただく祈りを繰り返しています。
しばらくして、天照大神、天之御中主大神、植芝先生、アンドロメダの皆様、イルプロラシオンの三人のマスター、EOマスター、地球、宇宙、実存に感謝の祈りを捧げ、本日はその後、月読之大神と五井先生のタッグ光線にひたすら感謝を続けておりました。
そうしたら、私の真中から後ろが全く対象化できない、表象できない「空」になりました。前からそこに空があるだろうとは思っていましたが、初めての体験です。
それからどうしようかと考え、ここは「私」を消してしまうようやろうと、一切皆空、諸法無我、諸行無常、涅槃寂静の言霊を唱えました。
それで初めて、全てが無くなり、均一になりました。中心もなく、ただここにいます。
その後、柔らかいお祈りと世界平和の祈り、月読之大神の祈り、虚空蔵55様 みわ様 宇宙全史への感謝を続けて、瞑想を終えました。
後半のどこかで、大変図々しい身の程知らずのお願いでお恥ずかしいのですが、「月読之大神、連れて行って下さい」と申し上げておりました。
以上です。至らない言葉で小さな体験を書いて申し訳ありません。大変お忙しい時にお邪魔しました。もしお言葉がいただけるようでしたら、お叱りいただければ幸せです。ありがとうございました。




ARIE 2018・11・11
虚空蔵55さま みわさま


こんばんは。お時間の無い中、回答して頂けたこと、本当にありがとうございました。感謝しかありません。私が物語として受け取る信号がエホバのトラップでなくて良かった…と安堵しました。


それと、私の為に非公開情報を一冊…というお言葉を書いて頂いた、そのお気持ちだけで、充分有難かったです。私が自分で紐解けるようになれば、虚空蔵55さま、みわさまに、エネルギーを使わせてしまうこともないのだろうなと思いました。そう思っていると、ふと、頂いた回答から、私なりに気づくことがありました。


お時間がないほど、お忙しい状況と分かっていますが、気づいたことを投稿だけはしておこうと思いました。以下は私のつぶやきだと思ってください。


>あなたの場合は「あなたの意図」=「ほぼ集合魂の意図」に近くなっています。
>ですのでその点はあまり心配ないのですが、逆にそれだからこそ根こそぎ心>配しなければならないということもあるのです。


書いて頂いたように、私の意図と集合魂の意図はほぼ同じであるならば、私自身を良く観れば、集合魂がどういう方向性を持った人々の記録の融合なのかが分かる…私の集合魂も、私が考える意図と同じように、地球の大転換時代を選んで生れた人々の目覚め、進化、意識のレベルアップの探求や促しをしたい…という方向性を持つのであれば、


ここで仮定として考えられるのは、


この人たちは、地球のみならず宇宙のどこかのアセンションの局面に、いつも関わりながら、役割を果たせなかった人生経験を持つ人々の集まりなのではないか?と。故に、焦りや、生き急ぐかのように、今度こそは成すという思いや、こだわりが強い。その集合魂の代表選手が私であるなら、この時期に来て、突如物語が降りるようになったというのは、創造性を発揮することが面白いと思わせるだけではなく、


実は何度もあきらめやエゴによる過去の失敗の轍を踏まないように、今度こそは地球のアセンションに役立つように、私自らに集合魂の歴史を紐解かせ、垣間見せ、陥りやすいエゴも何もかも自覚させようと、記憶や歴史の残滓を物語として降ろしているのではないか…


それが、今、私に衝動的なまでに書かせたいと思う物語が降りてくる意図なのかもしれない…と思えたのです。たまたま、14キャストという人物たちの設定があるので、彼らを過去の集合魂の、あらゆる人物たちに見立て動かし、私に自ら書かせ、読ませようとしているのではないかと。


もし、その仮定が、集合魂の意図として的を得ているのならば、ワサワサと書かせられる物語の世界観とバックグラウンドの内容に合点がいくのです。


果たして、そんな仮定は成り立つのでしょうか?もしも、この仮定が成り立つのなら、集合魂がどんな宇宙的な歴史の背景を持つのか、私に降ろされる物語を通じて理解してみたい気持ちもあるのです。


ただ、例え、そうであったとしても、エネルギーを使うことには変わりありません。こういうやり方でやりたい…と思う、そこが集合魂のエゴなのだろうなと思わなくもないのです。


分岐点の謎解きがあるので、物語を継続するにしてもエネルギーを維持しながらの匙加減であることには違いないのですが…。そこは五井先生に委ねながら、できるものなら全部、自分で紡ぎ出して読んでみたい…そんな衝動があるにはあります。


今回、この時期に幸いにも宇宙全史にご縁させて頂いているということは、集合魂よりも高い位置に在られる宇宙の慈悲のエネルギーである五井先生に委ねてしまう方が集合魂の目的を成す手法としては、とても楽なのだろうと思います。


ちなみに、私が書き始めた物語(ライトノベル)のバックグラウンドというのが以下です。地球と銀河が絡んで、今、またアセンションする宇宙の巡りの時。過去、アセンションの局面に関わりながら何回も失敗している因縁の魂を持つ変わり種の14人の人物たちが、過去世の記憶もないまま、地球の覇権国と新興国が長く争う狭間で、ある出来事をきっかけに、銀河や地球のあちこちから引き寄せられるように出会い集まっていきます。


奇怪な事件が起こる中、両国の争いの構造に疑問を持ち始め、仕組まれた地球の構造と、これまでの地球の歴史の背景には銀河全体をコントロールしている何者かがいつも関与していることに気づき、そのコントロールを終わらせようと14人は盲目だった人生から目覚め成長していきます。


地球の大規模なアセンションのカウントダウンを目前にした3か月前、14人がアセンションを担う役割があると知り、同時にひとりひとり違う、アセンションに必要なエネルギーアイテムがあると知らされます。


それを全員が探し出し、覇権国のある場所にそれぞれ設置しエネルギーのクリアリングを行わなければ地球はまたディセンションしてしまうということを知ると、緊迫感の中、各々が全身全霊で自分と向き合い、地球のアセンションに必要なエネルギーアイテムを命懸けで探しだそうとする。タイムリミットが迫る中、今度こそ、地球のアセンションを成功させる魂的な役割を、彼らは果たせるのか?


と、銀河と地球がベースの架空の世界観ですが、今の地球の世界情勢的なものと、宇宙全史の陰始のような隠れたラズボス的な存在と人々の盲目な心理や比喩を加味して、虚像と真実を創造的に織り交ぜて、盛ってはいます。


登場人物は(2489歳の金髪碧眼だけが取り柄な宇宙人の王さま、宇宙クラウド研究の真面目な博士、電磁迷彩システムを見通す特殊な目を持つ若者、何百歳も生きてる宇宙錬金術師、ハニトラをするほど美しい男スパイ、宇宙クラウドからダウンロードして大型宇宙船を創る女性将校、


屈強なのにメロドラマが好きな戦士、元ギリシャ神話のアテネ、誘拐され宇宙海賊のエースになった王女、妖狐と人間のハイブリット、落ちこぼれた神様、地球環境を密かにクリーンにしている妖精、魂が入ったアンドロイドなど)


かなり面白おかしくディフォルメしていますが、形質は人間が持つ様々な闇と光、両方を分かりやすく人物の特徴として表しています。ひとりひとりに人生の背景が色濃くあり、オムニバスストーリーとしてもいくらでも書けそうなのです。今、付けている題名は、NE銀河アセンション伝説です^^


この先、どんな展開になるのか、私自身が物語の主人公の如くではありますが
祈りの中で五井先生のエネルギーに委ねていこうと思っています。


世界が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が全うされますように
五井先生、月読之大神
虚空蔵55さま、みわさま

いつも、ありがとうございます。




B伊藤 滋隆 2018・11・13
虚空蔵55さま、みわさま、

質疑応答4、ならびに、質疑応答5の発行ありがとうございました。

質疑応答5の目次を見たとき「宇宙全史登山部」の字が並んでおり、
宇宙全史登山部に関わる私ですので、何が書かれているのか楽しみにしておりました。
本が届いて、早速、宇宙全史登山部の章を開きました。
2010年からの私の書込みが並んでいました。
ざっと斜め読みし、追補17を読んだところ、
ものすごく恥ずかしくなり、
エゴがキュゥゥゥ〜ッと絞め上げられるような感じがして
とても苦しくて、
それ以上、本を読むことが出来なくなりました。
質疑応答5の本を読むことが出来ないまま一週間以上経ち、
ようやく今日、宇宙全史登山部の章だけですが読み終えることが出来ました。

2010年や2012年頃の私、とても変でした。
恥ずかしくて穴に入りたかったです。
こんなみっともない投稿でも、皆様の学びの一助としていただけるのであれば
恥でもなんでも晒したいと思います、と、今日の自分なら言えます。

お恥ずかしながら、今現在でも、
いつも隣(正確には後方の少し上方)にあって
言葉を交わす存在があります。
音声ではなく、のどの奥あたりに、発声の情報(?)として伝わってきます。
うなずいたり、首を横に振ったり、まばたきしたり、指で文字を書いたりもします。
私は、何者と話をしているのでしょうか?
守護霊様をお話出来ているのでしょうか?
それとも、質疑応答4・P35の あおちい様への回答3にあるのと同様に、
濃い粘着度のゾーンや瘴気のところで自問自答しているだけなのでしょうか?
もしご回答いただけるようでしたら、よろしくお願いします。

・・・・・

登山部に関係する追補もありがとうございました。
エベレストが登山家のエゴを食べて成長している山という情報、
なんかわかる気がします。
ヒマラヤやエベレストを目指す登山家たちやヒマラヤ経験者たちには
視野狭窄というか、心を奪われてしまっているような危うさを感じていました。
また、エゴの幼い人たちだな、という印象も強くありました。

まんだらけ登山部の方たちは、いっぱしのアルピニストな皆さんとのことですが、
私は、山というより、大地、自然を面的に味わいたい思いで山に行っているので
アルピニストにはならないと思いますし、なれないとも思います。
歩きで行けるコースを、花や動物を愛で、楽しく、歩き続けたいと思っています。

質疑応答5の他の章も熟読させていただきます。

質疑応答6も楽しみにしています。

いつもありがとうございます。




RIEさんへの返信で少し考えていましたら、どっぺんさんと伊藤さんのメールが相次いで来ていました。

この3人のメールは実に面白く…面白いというのは内容はもちろんですが、タイミングが計ったように来ていることです。

それぞれ3人は現在の立場は違うのですが、11月に入り転換時期(ターニングポイント)の一歩手前でこういうメールが来るというのはやはり「宇宙」の差し金かと思われます。
そんなわけで放置するわけにもいかないのですが、お答えするにもバージョンがあります。

@3人を信じて簡潔にお答えする(RIEさんにはすでにこのバージョンは回答済みです)。

Aそれぞれに返信する。

Bやはりここでは3人まとめて現実を見つめて頂く(これは少し長くなります)。

一番いいのはBですが、その仕事をこなす時間とエネルギーが私にあるかどうかは甚だ疑問です。

しかしこの大事な時期にここを見ている他の方たちにも本当のことを知って頂くことはとても大事で、だからこそ宇宙はこういうわざを仕掛けてきているのだと思います。

さてどうしたものでしょうか。

宇宙は果たして私にそれだけのエネルギーを与えてくれるでしょうか。

それとも@でお茶を濁すことになるのでしょうか。

いずれにせよその宇宙の反応は、すべからく皆さんの祈りに拠っているのです。

楽しみですね



虚空蔵55


どっぺん

2018/11/12 No.3671

虚空蔵55様 みわ様
いつも深遠なる御指導を賜りまして誠にありがとうございます。
先日、質疑応答5を拝受致しました。お礼が遅れまして申し訳ありません。
4とともに拝読し、月読之大神、五井先生、遊撃手虚空蔵55様の御言葉の深さに感動しています。
個人的には、月読之大神に関する記述は特に大変興味深く、これまでの記述も何度も読み返しております。もっともっと御教示いただきたい気持ちでいっぱいです。
至らない瞑想ですが、以前よりは深まっている感じがします。祈り、エゴを薄くし、実存(真我)をもっと顕現することをひたすら目指しています。少しは霧が晴れてきたように思いますが、まだまだです。大学入学を目指し、卒業、大学院入学と夢だけは大きく抱いております。
月読之大神 五井先生 いつもありがとうございます。こころより感謝申し上げます。今後の御指導のほどよろしくお願い申し上げます。

2018・10・11

RIE

2018/11/10 No.3670

虚空蔵55さま みわさま

ご返答ありがとうございました。それと大変な時期にエネルギーを使わせてしまう質問を投稿してしまい、申し訳ありませんでした!更に申し訳ないとは思いながら…すみません。回答して頂いた言葉の意味を、可能であれば確認させて頂きたく思います。よろしくお願い致します。


>何故そういうもの(小説を書くということ)が降りてくるのか、
>それはどこから来るのかということは説明できるのですが…
>どうしたものでしょうか。


という虚空蔵55さまの嘆きにも似た、どうしたものでしょうか…の言葉の意図は、私に降りる信号は集合魂の意図とは関係のない宇宙人、違う領域からのものということなのでしょうか?私が最も懸念したのは、以前にもエホバのトラップが来ていたことを教えて頂いていたので、手法を変えたそういう類でないか?ということです。そうでないことを願いたいですが…


>「あなた次第」という結論です…と書いていただいた「あなた次第」の意図は、私が今のこの時期に、大事なエネルギーを何に使いたいのか?


私自身の魂の覚醒も踏まえた宇宙全史の講師として虚空蔵55さまがおっしゃるように、きちんとエネルギーを貯めておくことなのか…それとも何かのコンテンツや「形の世界」を生み出したい思いにエネルギー使いたいのか…それがあなた次第ということになるのでしょうか?


最後に「今、現在が分岐点」というのは
宇宙全史1の中に書かれている「進化分岐遺伝子」が発動するかどうか…という分岐点にさしかかっているという意味なのでしょうか?


もしくは、2017年の1月頃の回答で頂いた以下のことを指しているのでしょうか?


>あなたの場合は「時限爆弾」を抱えた宇宙人なのです。おそらく結構大事なことで、あなたが経験していくうちに知ることなのでしょう。いわば成長期にあるホルモンのようなもので、あなたの中にあるDNAの因子がある時期にきて、あなたがちゃんとした段階にまで達していればそれ(種)が発現するというものです


と、書いて頂いている「時限爆弾」の意味をさす分岐点なのでしょうか?


現状、確かに、小説を書きはじめたこと以外においても、何かが蠢動し、潮流が変わりはじめているということは感じています。特に何の焦りもなく、流れに身を任せている感じではあります。身体もミトコンドリアを優位にしておこうと糖質をカットして脂質ベースのケトン食に切り替えて、どうなるか実験をしている最中です(良いか悪いかはまだ、分かりません)


きっと今、多くの人に、分岐点というものが来ていると思うのですが、せっかく分岐点というものが来ていると明確に教えて頂いたので、私も含む、私にご縁する全体が、より進化成長を促せる方を選べるように、祈りたいと思います。


虚空蔵55さま、みわさまのエネルギーをまた奪ってしまうようなら、お答えして頂かなくても構わないのですが、自ら最良な選択ができ、自分の謎を解くヒントをもし僅かでも頂けたとしたら幸いではあります。


世界が平和でありますように…
日本が平和でありますように…
私達の天命が全うされますように…
五井先生、月読之大神さま、
虚空蔵55さま、みわさま

いつも、ありがとうございます。

2018・11・9


RIE様


あなたの場合は「あなたの意図」=「ほぼ集合魂の意図」に近くなっています。
ですのでその点はあまり心配なのですが、逆にそれだからこそ根こそぎ心配しなければならないということもあるのです。




私自身の魂の覚醒も踏まえた宇宙全史の講師として虚空蔵55さまがおっしゃるように、きちんとエネルギーを貯めておくことなのか…それとも何かのコンテンツや「形の世界」を生み出したい思いにエネルギー使いたいのか…それがあなた次第ということになるのでしょうか?


●これは全くその通りです。


「現在が分岐点」に関してはどうしてもこの時期に入ってしまいますと、自分で考えなさいということです。

しかしそれは上の方の意図ですから私の関知するところではないのですが…如何せん私には本当に現在時間がありません。
出来るものならあなたのために非公開情報を一冊書いてあげたいのですが、おそらく無理でしょう。(質疑応答の方が優先されています)

確かにあなたにとって「分岐点」は謎でしょうが、その謎に果敢にチャレンジするか、エゴに流されていくかはやはりあなた次第というしかないのです。

そしてあなたの場合のエゴは、初めに書きましたように集合魂をも含めたエゴということになります。

例えば救世主として降りて来ておられる天之御中主大神にしても、たとえ霊道は開いても、それはそこまで辿ってきた段階の霊道に過ぎません。
それ以上でも以下でもないのです。

私たちはこの現在の段階で何とかするしかないのが2018年の11月であり、来月12月の冬至です。

「自らをよく見つめ、自分が本当に何をしたいのか」

それが求められています。



虚空蔵55


RIE

2018/11/8 No.3669

@2018・9・26
虚空蔵55さま みわさま

こんばんは。9月に入っても暑かったり寒かったり、昨日今日で気温の変化が10度以上も差があるような日々が続いています。終末期とは、穏やかな季節さえも奪っていく経緯となるのかと思いつつも、質疑応答4が、届くことを楽しみにしています。


質問させてい頂きたいことは最後に記しますが、最近、非常に面白い傾向が私に現れています。約3か月位前からなのですが、ストーリーがワサワサ降りて来て、なんと、小説を書きはじめているのです。小説というより、ライトノベル的な感じのものなのです。


その発端は…私は10年前に1冊、本を出版させて頂いているのですが、思うことが、思うように書けず出版した本だったので、リベンジではないですが、いつか私の意図をきちんと反映した書籍を作りたいと思っていました。


まず、5年かけて創り上げたNE運命解析学の本を1冊きちんと書いておきたいなと。それで、何とか今年やると決めて、動きをつけようと思っていたのです。


ところが向き合い始めると、どれだけでも書けそうなはずなのに、どうも、頭がまとまらず、その変わり、端を切ったように怒涛の如く出てきたのは、NE運命解析学の中の14のキャストがドラマのように動き始める物語のバックグラウンドでした。


14キャストというのは、NE運命解析学の中には、何十万通りの人の運命プログラムが書かれているのですが、それを読み解く上で、大きく14の人物のカテゴリーにまとめています。それを14キャストとしているのです。


なぜ、人にしたのかというと、私の創るコンテンツはすべて、今の時代を選んで生れた魂や意識の進化、レベルアップの為の意図があるのですが…過去BBSにも投稿したのですが、シフトしている時代のこと、宇宙のこと、宇宙全史に書かれているようなこと、人々の意識の目覚めや進化を促す抽象度の高い話を、長いことセミナーや講座でお伝えしていて、感じていたことがありました。


それは、日常レベルになると一種の特殊な話となったり、スピと思われたり、すぐに忘れるか、現実と切り離して考える人が多かったのです。最近は、社会や地球環境が、これまでお伝えしてきた通りに激変しているということと、宇宙全史にもご縁させて頂いているので、そこまで鈍感な人はいないのですが…


昔からずっと、比較して思っていたのは、同じ宇宙の話でも、スターウォーズやガンダムといった虚像の世界の話なら、何の抵抗もなく受け入れる人がいるのに、かたやセミナーや講座で宇宙や地球のことを論理的に語っても、インパクトはあっても、現実の中に定着する前に、時と共に薄れる傾向にある…やはり、人は自分を変える事や、真実の世界は観ようとせず、虚像の物語の世界には惹かれ埋没しがちなんだなと。


地球を俯瞰して観れば、今の地球人口、3分の1は、ウソかホントか分からないキリストの生涯の物語。そのまた3分の1もムハマドの生涯の物語を生活の指針としていて、時にそれが元で、延々、殺し合いまで継続させている。宗教の物語強し!です。


もちろん戦争の裏側にある背景は理解していますが、人の心や、ここぞという時の選択は、子供の頃から心の中に、どんな物語が詰まっているかで決まる…。であるなら、いつか、人類と地球の次元上昇を促せるような真実をまぜこぜにした虚像の世界でも、価値ある物語を作りたい、そう思っていました。


それをNE運命解析学を創った時、動物でも星でもなく14キャストとして「人物」に置き換えた所以でした。システムを使って自分のことを知りたいだけではなく、自分と同じキャストには物語があり、その生きざまを通じて地球のこと、次元上昇のこと、私たちは今、どう生きたら良いのかに興味を持ってもらえる人が増えたらいいな…と。


とはいえ、私は小説など書いたことはないので、私の意図を反映してくれる小説家、もしくは漫画家とタッグを組むか、私が書くにしても、もう少し先のことかな〜と思っていたのです。


それが、3か月前に「あっ私にも書ける…」と突如として思いPCに向かうと、面白いようにストーリーが浮かんできはじめました。全く、降りてくる…という感じで、銀河と地球がアセンションする為に、個性的な14キャストを主軸にした壮大な物語の展望が観えてしまいました。


物語の起承転結の大筋が分かると、今度は勝手に、キャラクターが動きだしてきて、こういうふうに書いてくれ!とイメージが浮かぶのです。私はそれを文章に描写して置き換えているだけという感じなのですが、驚いたのは、私が付けたキャラクターの名前が違うと「俺の名前は〇〇〇だ!」と自己主張するキャラクターまで出ることでした。


過去私がコンテンツ化したものも、だいだい、降りてきた!というもので直感的に構成を作り上げていましたが、今回「小説」として来たのは、はじめてなのです。世の小説家や漫画家の人々は、こんな感じで書いてるのか〜〜と思いつつ、今までに無かった感覚が、面白いのです。


これは、私の新たなステージなのか?と思ったりもしたのですが、ふと「私が14キャストを使って書く理由」は、これか?というものに思い至りました。それは、


もともと、NE運命解析学の大本のデータとなっているものは、今から1200年位前、唐の時代、道教の仙人が創ったとされているものなのですが、その概念と認識と読み解き方を、次元上昇する時代の今に合わせて私が、膨大に編纂して、創り直してしまいました。


故に、NE運命解析学は、太古からある、決定論をベースとした運命学ではないのですが、その太古の運命学には「封神演義」という物語がセットになっているのです。今でも読み継がれていて、日本でもアニメになったことがあります。


ということは、大本の運命学の概念を変えて、そこから新たなものを創った時点で、本来、セットの物語も、大本の運命学を作り変えた、私の意図通り、次元上昇に役立つ、新たな物語として、私に創らせる…そう集合魂たちが思ったのだろうか…それなら、大本を作り変えてしまった「私が物語を書く理由がある」なと。


現状、NE運命解析学の本の出版とライトノベルをセットにした何らかの出版(電子書籍か)の方向で動きはじめていて、協会のメンバーに主人公達のステキなイラストと挿絵も作ってもらっています。いつか、メディアミックスなったら、最も意図が反映できるなと自分勝手に期待しているのです。


ただ、NE運命解析学のデータを約1000P編纂した時以来、また、大変なことをやりはじめちゃったな〜とも思っています。私のことなので、たぶん、これが、膨大な時間と作業を要すことになったとしても、やり切るとは思うのですが、ホントに寝ている時でも、イメージが降ろされてきて、他のことが手薄になりそうなこともあります。


今までの感覚や信号とはちょっと違う感じがしていて、どうも、意識をそこに、集中的に向けさせられている気配なのです。時間が許されるのなら書くことは楽しいので、良いのですが、小説家ではないので、そこばかりに現状時間は割けないと思いつつ、集中していると、あ〜また今日も昼夜逆転だ…となりがちです。


経緯が長くなりましたが、もし、可能であれば、伺っておければ幸いだと思うことがあります。


私にとっては、小説を書くというのは、今までにない感覚なのですが、非常に面白いのです。これは、一体、どこから来ている信号なのでしょうか?太古の帝王運命学に由来する仙人なのか?封神演義を創った作家なのか?ではなく、集合魂からのものであれば、次の私のステージは、こういうものを成していくプロセスの先にまたあるのでしょうか?私が受け取っている物語のイメージや展開に齟齬はないのでしょうか? ということがあります。


質疑応答4の制作でお忙しいとは思いますが、どうぞ、よろしくお願い致します。


世界が平和でありますように…
私達の天命が全うされますように…
五井先生、月読之大神さま、
いつもありがとうございます。



A2018・11・5
虚空蔵55さま みわさま


質疑応答5、ありがとうございました。お疲れさまです。

今回の質疑応答の中に書かれてありました、五井先生とは…単なる人格ではなく、この宇宙におけるひとつの働きであり、広大で漠然としていて、宇宙に遍満している、私達を諭し、教え導いてくださる慈悲のエネルギー。それを私達がフォーカスしやすいように、五井先生という人格が付与されている…


という箇所を読ませて頂いた時に、ストンと腑に落ちました。私が五井先生を知ったのは、宇宙全史からでしたので、宇宙に遍満する慈悲のエネルギーであると認識すると、祈りは、これまで以上にしっくりきます。


前回、9月末頃に投稿させて頂いて内容はきちんと、届いているのでしょうか?
もし、届いていたとしたら、お忙しい最中に、質問の内容自体が虚空蔵さま、みわさまに、エネルギーを使わせてしまうような内容だったかなと懸念しておりました。


また、集合魂の意図ではないのか?とも思いましたが、ブレの感覚はないので、覚悟して決めたらやる!という強い思いは、いつもながらの私のスタイルなので、それが今の時期はNGなのか?自分でピンと来る理由が見当たらないので、確認した方が賢明だと思いました。


現状、私は「物語を書く」という過去に経験したことがない、新たな手法に突然目覚めたかのようで、志事の合間に喜々として書いています。もちろんですが、今から小説家になろうなどと思っている訳でもなく、私が意図している目的に微塵もブレはなく、私の天命が全うできるステップとして、地球の大転換期の中、学び続け探求してきたことを、伝えられる間口が増えたという感じなのです。


未来塾セミナー、ワークショップ、NE運命解析学、ライトノベル、マンガ、ゲームといったメディアミックスでコンテンツをリンクさせたら、なお、今、タイミングが来て求め始めた人の目に届く、きっかけとなる「間口」が増えると。


これまでも、今の大転換期の地球のこと、これからの時代のこと、新たな時代の生き方などを伝える「手法」として、セミナー、セッション、ワークショップ、体験型イベント、NE運命解析学といった様々なコンテンツを、インスピレーション、閃きの元にアレンジしたり、創り出し、ご縁ある方々に、提供させて頂いてきたのですが、


まさか、ここに来て、自分がライトノベルを書くとは思ってもみませんでした。しかし「物語という道具」に目覚め、私の変わらぬ意図を創造の中で自由に表現できることが、これほどまでに喜びをもたらしてくれるとは思いもしませんでした。


孤高の中で降りる、創造の面白さ、喜びを通じ、また気づきが起こる。この中で、私自身が次なるステップへと進化させて頂けるのなら、前回、質問させて頂いた、どこの誰からの信号で、突然こんなことができるようになったのか?ということも、陳腐なことに思えて、どうでもよくなりました。


今まで創ってきたコンテンツもそうですが、ご縁ある方々の、過渡期の人生における悩み、迷いの脱却のヒントや気づき、道標となり、いずれ来る、新たな時代の「礎」となれるものを創りたい、そう思っていたので、今回のことも、そこに少しでも近づくものであれば、その背景にあるものは、別に詮索しなくても良いことだと。


ただ、正直、一番、驚いているのは私なのです。
昔、シナリオライターの勉強はかじったことがあるので、書き方位は知っていましたが、本当に物語が降りるとはこういうことかと。それが、思いのほか外部に好評で、電子書籍くらいならすぐに本になりそうなのです。ただ、膨大な物語になるので1冊では終わりそうもないのですが。


最近、創造性というものと向き合っているせいか、顕著に思うようになったのは、創造性というものの正体は至福の喜びだなと。今の大変なこの時期を何とかクリアし、アセンションした地球に人類が移行できるなら、そこは、誰もが持つ創造性に目覚め、人の持つ創造性が、全ての生命に喜びをもたらす星へとシフトすることができたら地球は素晴らしい星になるだろうな…と。


とにかく大変な時期のカウントダウンであることは言わずもがなの状況だと思いますので、集中しすぎて脳が枯渇状態にならないよう、エネルギーを落とさず、祈りを忘れずに過ごそうと思います。虚空蔵55さま、みわさまも、エネルギーを温存されつつ進めていかれますよう、お祈り申し上げます。


世界が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が全うされますように
五井先生、月読之大神さま

いつも、ありがとうございます。


RIE様

「質問の内容自体が虚空蔵さま、みわさまに、エネルギーを使わせてしまうような内容だったかなと懸念しておりました」

●まあその通りでしたね。

今あなたは分岐点に立っています。

どう変わっていくかはあなた次第だということは、ここで学ばなくても分かっているあなたでしょう。

何故そういうもの(小説を書くということ)が降りてくるのか、それはどこから来るのかということは説明できるのですが…どうしたものでしょうか。
そこでエネルギーを使うのは(今は)あまりやりたくないので「あなた次第」という結論です。

いずれにせよあなたは変わっていくのです

何度もいいますが

その分岐点が現在です


がんばって下さい



虚空蔵55



アリマ

2018/11/8 No.3668

虚空蔵55様 みわ様 いつもありがとうございます。

質疑応答5が届きました。私の質問が掲載され、回答をいただいたページをめくった時、かなりの衝撃でした。
おかげさまで、エゴの薄皮が一枚とれたようです。

私の次に掲載されていたアレクサンドロスさんの書き込みを読み、自分の想いを見つめ対峙する真摯な姿勢が足りなかったのだと気づきました。一度はこのBBSで読んでいた家田泰明さんの書き込みも、今回読んで心にしみました。
五井先生の教えに出会ったのは、もう50年前になります。しかし、御教えをきちんと受け取ることができないまま、社会に出て、自分のさまざまな欲望に翻弄されてきた50年でした。2014年に、20年後の本と出会い、五井先生の教えと再会しました。五井先生に帰依し、宇宙全史を学んでいくと心を決めたのが昨年のことです。
ずいぶんと遠回りしてきましたが、この時期に、宇宙全史につなげていただいた方、そして、なにより守護の神霊の加護に感謝する次第です。
振り返ってみて、時折り思い出しては祈っていた、世界平和の祈りのおかげだったのだと、思います。
今まで読むだけの参加でしたが、機会があれば書き込みもさせていただきます。
五井先生の祈り続けていきたいと思います。

今回の恩寵に、ただただ、感謝いたします。

虚空蔵55様、みわ様

五井先生

月読大神様

ありがとうございます。

2018・11・6

いくと

2018/11/8 No.3667

虚空蔵55様、みわ様

質疑応答6を予約させていただきました。最初に「アリスター・オーフレイムに勝つ方法」とあって、とても意外で、その意外さが何となく面白おかしく感じられました。何が書いてあるのだろう…?本文もですが、こちらも楽しみです。

質疑応答5を拝読させていただきました(もちろん4も)。191ページの最後に「子供には「愛されている」という感覚が必要」とありました。

ここを読んで、「その感覚を与えてくださったのは守護霊様だったなあ」という感想を持ちました。お祈りをしているときに顕著なのですが、いつも体がジーンとしてきて、ちゃんと見届けていただけている安心感があります。

僕はもともと、自分自身を教育しなくてはいけないと高校を卒業してから思いたったのですが、今思えばそれが学びの最初の契機だったようにも思えます。

それから10年以上が経ち、ようやくエゴの土台ができてきたのかなあ、と思いました。20代前半の頃なんかは、本気で幼稚園児以下だなという感じでした。今も大概ですが。

以前は、ここに掲載されるコメントを予備知識的に読んでいたところが多分にあったように思っています。それが今は、質疑応答4も5も、もっと身につまされるといいますか、身に染みるといいますか、そういう読み方になってきました。

ですので、今度は少しずつエゴを洗練させる方に目を向けなければなりません。

質疑応答6も、これまでの自分とは違った感覚で読めるだろうか…と(気負わない程度に)思っております。



また夢の話なのですが、おととい夢の中に良からぬ雰囲気の何者かが現れたのですが、すかさず何かスタジアムにありそうな大きな電灯?のようなものが現れて、電灯だったら明かりが点く部分から、光線が発射されて良からぬ何者かが瞬時に消え去ってしまいました。

光線が発射されているときは、ウルトラマンのスペシウム光線の発射音でした。(これは僕が勝手に脚色しているのだと思います)

目が覚めてみると、心がとても軽くなっておりました。肉体的にも心臓が楽なような気がいたしました。

次の夜は、夢を見ていたかは覚えていないのですが、ふと目が覚めてみると、やはり心臓のあたりに感触がありました。たぶん、調整していただいていたのだと思います。

ただただ感謝です。


肉体についても、いままで体(特に首まわり)に感じていた違和感がだいぶ緩和されてきました。


本当に計り知れない恩恵ばかりです。クズさが以前よりは実感されてきました。

次のステップに進めるように、何とか頑張りたいと思います。

2018・11・6